· 

海外駐在して、日本人は公文式がベターだと思いました

皆さま気になる英語学習について。

 

2006〜2012年の6年間、ドイツに家族で駐在していた時の経験談です。

 

ドイツで3人の子ども達がまず言ったことは

「英語を習いたい!」でした。

 

日本人小学校の英語のレベルがすごくて、親がやれとか何も言わなくても子ども自らがやりたいと言い出したのです!

 

小学1、3、6年生だった兄姉妹の為に、英語の先生を探しましたが、ドイツ…ドイツ語なんです…

 

アメリカやインターナショナルスクールに通っていた方々は、英語力保持の為に、英語の家庭教師をつけていましたが、うちの子はそもそも英語が喋れない…

 

そんな時、海外駐在が長くアメリカにもいらしたお母様が、

「公文の英語いいわよ。」と。

 

毎日ネイティブイングリッシュ聴きながら学習するし、安い!

週1回習っても…身につかないと言われたのです‼️

 

それが、我が家の公文式との出会いでした。

 

デュッセルドルフにある公文教室に通い始めて、英検もドンドン合格していきました。

 

今度海外駐在したら、我が子は迷わずインターナショナルスクールに通わせたいですが…

 

日本でも海外でも

同様に学べるメソッドの

公文式英語。

 

これは本物だと思います。

 

大人になっても使える

英語力を身につけませんか。

 

日本の学校教育の枠にとらわれないことです!

日本の中学英語じゃあまい…

世界は広いですよ‼️

 

子ども達には

大きく羽ばたいて欲しいと願ってやみません。

 

英語始めましょう!

日本語は日本でしか通用しないよ。

 

もっと視野を広げて

枠をはみ出して生きていこう!

 

大庭 公文式教室 体験申込・お問い合わせはこちら>