· 

インプットしたら必ずアウトプットしよう!

中学生は前期期末テストが近づいてきています。生徒達も少し真剣な眼差し

 

テストはみんな嫌ですよね。

私も嫌でした。

 

では、なぜ嫌なの?

順位が出たり、合格不合格が出たり、成績が出たり…

要するに、結果が出て、他人に評価されるからでしょうか。

 

しかし、本来テストは、どこまで自分がわかっているかを知る絶好のチャンスなのです。

勉強して頭の中にインプットした情報を、アウトプットする第一ステップ!これは嬉しい

 

得点に一喜一憂する必要はなく、大事なのは

「どこが出来ていなかったか」

ということを自分自身で知ることです。そしてここからがもっと大切で、

「自ら能動的に、

出来ていなかったところを再勉強する‼️」

 

テストをしないとわからないよね

どこにつまずいているのか、どこが習得出来ていないのかが。ありがたい経験です♪

 

とはいえ不合格や悪い点は悲しいもの。

 

でも、

小さいことで不合格は体験した方がいいです。

ずーっと負け知らずで、大人になってすぐに折れるより、子ども時代に折れて強くなっていく方がいい。

 

自分が敗者になって、敗者の気持ちを理解しながら、大人になる方がいいじゃない!

 

悪い結果を恐れず、

「強い心」と「自学自習」を育てる第一歩が、テストへの挑戦です。

 

中学生がんばれ

小学生もがんばれ

高校生もがんばれ

 

公文式で培った力を今こそ発揮しましょう‼️

公文式はみんなの力になれます。

先生はいつも味方です

 

大庭 公文式教室の体験申込・お問い合わせはこちらから>

 

大庭 公文式教室の中学生学習について>