· 

私達は0歳からの教育に真剣に取り組んでいます

「可能性の追求」公文公(くもんとおる)会長のお言葉です。凝縮された名言です。

 

毎日子ども達の学習を見ながら、私も一人一人の可能性について考え続けています。

 

今日は0歳からの能力について。

 

人間は、生まれて10ヶ月までが

一生の中で、一番学習に最適な「脳の黄金期」です。

 

生まれつき頭の悪い人はいません。

生まれつき落ち着きのない人はいません。

生まれつき人の話を聞かない人はいません。

 

要するに、人の能力は「生まれつき」ではないのです。ほぼ後天的に備わるものなのです。

 

そして最も学力を高める効果的な時期が0歳。

まだ何もわからず、泣いているだけだと思っていると大間違い!

赤ちゃんも一人の人間として、

言葉がけをしていくことが大切です。

 

目を見て

優しく話しかけましょう。

たくさん語りかけましょう。

何でも説明しましょう。

ただし、赤ちゃんことばは禁物です。

 

見ていないようでも

絵本を読み聞かせましょう。

 

カードを見せて、読み上げましょう。

 

数字を数えましょう。

 

童謡を毎日20曲歌いましょう♪

 

ものすごく集中するはずです!

赤ちゃんはすべて聞いています。そして、お母様お父様が喜んでしてくれるさまを一心に受け止めています。

 

反応が無いとか

興味がないとか、

それは親が興味がないからで、

よく子どもを観察して。

喜んでいますから。

続けていると必ず凝視し始めます。

継続するか、しないかが子どもの人生の別れ道

 

0歳から始めると

脳細胞にたくさんの言葉や語彙がすごいスピードでインプットされて、強固な学びの土台が作られていきます。

 

就学前には、

既に人生の決着が8割ついている…場合もあるでしょう。

 

それくらい

乳幼児期の家庭環境は大切です。

母親、父親の意識と行動が、

子どもの将来を決定付けます。

 

偉人や素晴らしいアスリートなどの生い立ちを知ると、上記の話が腑に落ちると思います。

 

勉強が出来る子に育って欲しければ、0歳から言葉や学ぶ姿勢のインプットを続けて、学習向きな脳を作っていきましょう‼️後が大変楽です。学習が苦でなくなるのですから。

 

私達は、我が子を賢く育てたいという志しをもったすべての保護者様に、継続して取り組んでいただけるお手伝いをしています。

 

一人でも多くの方に、ご理解いただき、

日本のため世界のために

子育てを楽しんでいただきたいです。

スマホやYouTubeにお守りをさせないで欲しい。

 

大庭 公文式教室の体験申込、お問い合わせ