· 

算数が楽しくなった(公文式を辞めないという選択)

嬉しいご報告です。

 

あるお母様が、

「うちの子が、学校の先生に算数が楽しいって言ったんです」

と、私にお話してくださいました。

涙をポロポロ流しながら。。。

 

その生徒さんは、年長でご入会くださって、算国2教科をずっと続けて学習してくださっています。

 

正直、なかなか思うように進むわけではありませんでした。

 

学年相当に追いつくことが出来ないまま、それでも教室を休むことなく続けてくださいました。

 

同じような状況の生徒さんは、

・・・早々に辞めてしまいます。

まず、保護者様が耐えられなくなって、

うちの子にあっていないとか

他の方法があるとか

・・・色々な理由をつけて

あきらめて辞めていかれます。

 

他へ移っても、結果は一緒なのに、我が子の現実が受け入れられないのでしょう。

 

冒頭のお母様は

「公文のお陰です!先生のお陰です!」と仰ってくださいましたが、違います。

 

お母様のお力なんです‼️

辞めずに、通わせ続けてくださったから、今があるのです。

 

出来なかった算数が、何年もかけて、楽しいと思えるようになったのは、ひとえにお母様お父様のお力!

 

辞めてはダメです!

 

子どもが嫌がるからと

初心を簡単に覆す、保護者様では、子どもを本当に伸ばすことは難しい。

 

続けることに意義があるし、

続けないと、何の結果も出ません。

 

…ということを、教えていただきました。

 

今日も一緒に学習しましたね。

また次回も待っています。

 

私は、いつもみんなを待っています

 

体験申込、お問い合わせ