· 

親に知らされないわが子の学力

長かった夏休みが終わりましたね。さて、今日は学校の成績についてご一緒に考えてみたいと思います。

 

小学校の成績はABCの三段階。中学校の成績は12345の五段階。さて、小学校のBは中学校のどのあたりなのでしょうか?

 

小学校の懇談会では「Aはすご~くよくできています Bはできています Cはできていない部分があるのでおうちで気にしてあげてください」といった話をされます。このBが曲者。A寄りのBもあれば、C寄りのBもあるわけです。わが子のBはどっち寄りのBなのかがわからない。テストも習ったばかりの単元をゆっくり解かせるので、学力が定着しているのかはわからない。個人面談で聞いても、本人が書いたがんばり表を見せられてお茶を濁されます。

 

子どもの学力を親に秘密にする小学校。まるで年金の額を複雑な計算でわかりにくくする国政のようです。

 

中学校に入って成績表に2が並び、あの時のBはC寄りのBだったのだと初めて知る。日本の教育はそんな仕組みになっています。

 

ドキッとした方は、ぜひ公文へ。日限山3丁目教室では無料の学力診断と学習相談をいつでもお受けしています。受験に対応できるような本当の学力がどの程度ついているのか、お知りになりたい方はまずお電話を。